「クリスマス商戦」大盛況

12月15日(木曜)、只今、クリスマスのイベントが真っ盛りです。

師走のド真ん中の今、クリスマスのイルミネーションが日本全国で花盛りです。

勿論、クリスマスのお祭りも大賑わいで、極寒の師走ですが熱気に溢れています。

またクリスマスだけでなく、年末のお祭りはこれからが本番、本当に楽しみです。

 

時代劇専門チャンネルは「忠臣蔵」で一色、これも師走の風物詩。

十二月十四日は赤穂浪士の討入りの日、日本全国で忠臣蔵のイベントが大盛況。

昭和世代にとっては、師走のテレビ番組の定番と言えば、やっぱり忠臣蔵ですね。

今年も時代劇専門チャンネルでは、里見浩太朗さんの忠臣蔵を放送していました。

浅野内匠頭は風間杜夫さん、そして憎々しい敵役の吉良上野介には森繫久彌さん、

この御二方による「松の廊下」のシーンは圧巻、また多聞伝八郎、垣見五郎兵衛、

土屋主税の「武士の情け」も胸が熱くなります。やはり師走は「忠臣蔵」ですね。

 

空母中心の「機動部隊」、明治時代の「旧式戦艦」がキーワード。

元禄十五年の「吉良邸討入り」、そして昭和十六年の「ハワイ真珠湾」への攻撃、

共通事項は「奇襲」という事ですね、密かに接近し、一気に襲い掛かる戦法です。

因みに真珠湾奇襲攻撃を成功させた機動部隊は、日本が発明し世界で初めて実施。

ではなぜ、英国海軍や米国海軍ではなく、日本だけが「機動部隊」を作れたのか。

主な理由は二つ。一つ目は、空母群を「高速の巡洋戦艦」で守る事を発明した事。

二つ目が、その高速の巡洋戦艦、戦史では「高速戦艦」と呼ばれたりもしますが、

その軍艦を日本は四隻も保有していた事。ただこの四隻は、設計が明治時代の為、

一昔前の老雄と言って良い。この四隻の旧式戦艦(霧島・比叡・金剛・榛名)に、

高速空母群を結合させた事で、「機動部隊の誕生」という大革新が起きた訳です。