「昭和レトロ」益々絶好調

10月30日(日曜)、娯楽の10月から、「書き入れ時の11月」へ。

スポーツ、文化芸術、そしてもう一つは「科学技術」、秋の行事はまだまだ続きます。

そして「観光旅行」もこれから本番、人気どころは、京都、北海道、そして沖縄ですね、

観光業界の賑わいが復活すれば、それに関わる御当地の飲食店や土産物店も復活します。

行楽シーズンのスタートは、あらゆる商売の「書き入れ時」のスタートでもあるのです。

 

行楽シーズンを支える「昭和ブーム」、子供も「大人」も大喜び。

昭和が今、昭和レトロとして「日本全国で大ブーム」となっています、凄い勢いです。

喫茶店に雑貨屋、テーマパークに遊園地、温泉街に商店街など、昭和レトロで大賑わい。

さらに昭和時代の商品パッケージも大ウケで、これには大人が「懐かしい!」と大好評。

そして当然、「昭和の発明品」にも注目が集まっております。昭和は発明品の宝庫です。

シューゼットも昭和六十年生まれ(動画紹介中)、携帯電話スーパーマリオと同い年。

 

有料放送を牽引する「昭和のテレビ番組」、特に時代劇は大人気。

昭和ブームは、テレビの「有料放送」の加入率にも、大きい影響を及ぼしております。

最近、有料放送の加入者数が急増中なのです、それを牽引しているのが昭和の娯楽番組。

殊に、時代劇専門チャンネルや「日本映画チャンネル」は、大変な人気を博しています。

私もJ:COMテレビに加入しているので、チャンネル銀河のドラマは毎日視聴しています。

外への行楽、家での娯楽、令和を牽引する昭和ですが、昭和ブームはまだまだ続きます。