「防災の秋」大型台風到来

9月15日(木曜)、巨大台風が次々到来、台風の秋ですね。

今月に入り、大型の台風が次々に到来しています、水害や強風には要注意です。

ベランダの植木鉢などは、飛ばないように室内に移動しておくのがベストですね。

秋は台風の季節などと申しますが、台風だけは穏便に通り過ぎて欲しいものです。

 

国葬について想う秋、「連合艦隊司令長官」の山本五十六。

安倍元首相の国葬が迫って参りましたが、その是非については今も議論が紛糾。

私は式典の専門家ではない為、国葬についての詳細は不明ですが、今回のように、

国民全体で考える機会なんて滅多に有るものではない。故に、この貴重な機会に、

過去の国葬を俯瞰し、該当者が、「国益に繋がる高い業績」を上げたのか否かを、

考察してみるのも一興。例えば連合艦隊司令長官の山本五十六、山本長官も国葬。

ただ山本長官、連合艦隊司令長官として評価されるなら、点数は厳しいでしょう。

 

国益の視点では、山本長官より「安倍元首相」が遥かに上。

山本長官には重大な短所が三つ有り、まず戦術面では、戦艦の使い方が下手くそ。

次に「戦略面」では、ハワイ真珠湾とガダルカナル島の重要性を見抜けなかった。

最後は、戦争中は戦艦大和に座ってばかりで、実際の戦闘は「部下任せ」だった。

特にガダルカナル島の作戦を部下に任せたのは絶対ダメ。ガタルカナル戦だけは、

真っ先に、山本長官が戦艦大和に乗り、ソロモン諸島の最前線で戦うべきでした。

ガダルカナル戦が、「日米戦争の天王山になる」という認識がなかった訳ですね。

そして御本人は、ガダルカナル戦の真っ最中にも関わらず、英国海軍を真似して、

軍楽隊の演奏付きで「昼食」を楽しんでいる。これには部下も驚いたとの事です。

閑話休題。「国益」という物差で、山本長官の業績が国葬に適うと測れるならば、

安倍元首相の功績は、山本長官よりは、遥かに高く評価されて然るべきですから、

十六億円のコストが掛かろうとも、安倍元首相の「国葬」は何ら不思議ではない。

寧ろたった十六億円で、この機に日本で首脳外交ができる、これこそ最大の国益。