「石炭火力発電所」の未来

11月15日(月曜)、晩秋から「初冬」へと、季節の変化を感じます。

テレビでは年賀状紅白歌合戦が話題に上るなど、一足先に年末モードに突入です。

ただ毎年思いますが、「11月」は存在感が薄いというか、あっという間に過ぎますね。

しかし言える事は、この11月を上手く使わないと、「12月」が確実に忙しいという事。

 

そして23日(祝日)は、年末恒例の「猛烈販促塾」、只今鋭意準備中。

今年は「高騰する石油価格」、生活を圧迫し続けているエネルギー問題が中心です。

石油価格が上昇すれば「物価も上昇」、逆に石油価格が安くなれば物価も下がります。

シューゼットシリーズも同様で、プラスチック原料の大本はナフサ、つまり石油です。

石油を輸入に頼る日本としては、エネルギー問題は、昭和時代から不変の問題ですが、

政治では日本維新の会と国民民主党が、石油価格高騰の解決に一歩動き出しましたね。

 

さらにイギリスで開かれた「COP26」では、「石炭」を争点に大激論。

結果として、石炭の完全廃止ではなく、石炭の使用を段階的に削減という事で合意。

インドや中国の主張を考慮した形ですが、石炭は「それくらい安い」という事ですね。

ただし「石炭火力」は維持されても、温室効果ガスに対するヨーロッパ各国の視線は、

一段と厳しくなるでしょう、つまり「旧型の石炭火力発電ではダメだ」という事です。

では「最先端の石炭火力発電」は世界のどこにあるか、答えは「福島県」にあります。

いわき市の勿来発電所、所謂「石炭ガス化複合発電」です、環境保護技術はピカイチ。

早晩、旧型の石炭火力発電を使う国々から、製造元の三菱重工に注文が飛び込むはず。

さて今日の写真は再び「石炭」、筑豊炭田のお膝元、福岡県北九州市での講演時の1枚。