「東急ハンズ」の実演販売

10月30日(土曜)、今年の「神無月」は、色々な出来事がありました。

緊急事態宣言の解除で始まり、岸田新内閣の発足、10月は慌ただしい幕開けでした。

続いて真鍋さんがノーベル物理学賞受賞、さらに衆議院議員の解散総選挙が発表され、

政界が大きく揺れたと思ったら、今度は「首都圏」も、久しぶりの地震に揺れました。

ワクワクしたり、セカセカしたり、ヒヤヒヤしたり、10月は本当に色々ありましたね。

 

そして「東急ハンズ池袋店」も、この10月で「その長い歴史」を終えます。

私の義母である「石田あつこ」が、シューゼットを発明し事業化したのが昭和60年。

動画でも紹介中ですが、まさしく「ど素人同然」で、営業活動をスタートさせました。

そんな時、真っ先に「売り場」を提供してくださったのが、東急ハンズ池袋店でした。

東急ハンズ池袋店なくして、シューゼットの販売総数1000万足の歴史は、語れません。

 

また「テレビ通販」の販売手法も、「東急ハンズ池袋店」で体得しました。

私がハンズ池袋店の思い出を語るなら、筆頭に挙げるのが「実演販売」となります。

池袋店だけでも10回以上はやらせて頂きました、私にとっては「物販の学校」でした。

東急ハンズで体得した「実演法」は、そのまま「テレビ通販のLIVE」で活きています。

という事で、今日の写真は「テレビ通販」、御存知、ジュピターショップチャンネル。

尚、写真のスーパーブーツ、家具専門通販「ぼん家具」の特設ページでも詳述中です。