「川口市本町」バレー女子

2月20日(土曜)、日本でも医療従事者から「ワクチンの接種」が始まりました。

弊社のある埼玉県は、まだ緊急事態宣言下ですが、いよいよ日本でもワクチン接種が開始、

コロナ禍の暗闇に、「希望の光」が力強く差し込んで参りました、もう少しの辛抱ですね。

ただ、現在の緊急事態宣言下の状況は、昨年から急速に広まったオンライン社会のせいか、

ネットでの「買い物」は勿論の事、最近では「仕事の打合せ」、セミナーや「講演活動」、

さらに「合コンや飲み会」までオンラインで行える為、八方塞がりな感じは少ないですね。

 

但し、オンラインで「可能な分野」と「不可能な分野」が、明確に別れてもいます。

営業活動やセミナー等の勉強会、また「飲み会などの交流会」がオンラインで出来る一方、

それが不可能なのが「スポーツや格闘技」、まさしく実技こそが醍醐味の種目ですからね。

勿論、弊社社長が監督を務める「バレーボール」も、緊急事態宣言下の間は活動を自粛中。

故に今月は、監督グッズというか、スポーツバックやホイッスル等のケアに充てています。

ちなみに弊社社長のシューズは、シューゼットホルダーを使い、20年も履き続けています。

シューズ保管の鉄則は、汗を吸った「靴の中を乾燥させる事」、これだけで長持ちします。

 

ワクチンの接種が広がれば、日本中が「希望の光」で明るくなります。

ワクチン接種が広がっている状況こそ、毎日毎日、くり返しテレビで放送して欲しいです。

マスコミもそろそろ、危機感と併せて「多少の安心感」を、広げて良い時期かと思います。

という事で、今回の写真は「打倒コロナ!」の願いを込め、川口のバレー女子の皆様です。

川口市本町・町会婦人バレーボール部、ちょうど一年前(昨年2月)のベストショットです。

社長(監督)曰く、「寡黙なオレは、目で教えるタイプ」との事、アテになりませんが・・

 

 

 

 

 

 

 

川口市本町・町会婦人バレーボール部は、下記の「J:COMテレビ」にて紹介されました。

https://www.youtube.com/watch?v=1TAlJIlrb40