「カヌー」もシューズは命

1月30日(土曜)、埼玉県は引続き、「緊急事態宣言」の状況下でございます。

予定では本日(1月30日)、「ララガーデン川口」でカヌー競技の全国大会でしたが、

緊急事態宣言の発令に伴い、ララガーデン川口での今年の開催は、中止となりました。

この「カヌーのエルゴ競技」と言うのは、近年、凄まじい盛り上がりを見せています。

故に大会を主催する一般社団法人カヌーホームも、総合司会の私も、断腸の思いです。

ただとにかく今は、一日も早い「コロナ禍の完全終息」の為に全力を尽くす覚悟です。

 

昨年、その「カヌーホーム」の公式HPで、弊社が大きく特集紹介されました。

ちなみにカヌーホームは「日本カヌー連盟」の直属、全国でカヌーの普及促進を展開中。

昨年3月、理事の江盛さんが弊社を訪問、素敵な記事を書いて頂きました、大反響です!

ちなみに弊社の社長は、元・関東大学バレーボール連盟の競技委員長、その「口ぐせ」が、

「運動後のシューズは大量の汗を吸い込んでいるから、しまう前に乾かさないとダメ!」、

普通にしまうと怒られます、ですので、シューゼットシリーズには、「靴を乾燥させる」、

「靴の寿命を延ばす!」というアスリートの視点も、開発思想に盛り込まれているのです。

 

シューゼットキーパーは収納用品であり、また同時に「スポーツ用品」でもあります。

ジムでトレーニングに励まれている方、また日々ランニングに勤しまれている方々にこそ、

汗で濡れたシューズの乾燥対策として、また、御愛用のシューズの最良の保管場所として、

ぜひシューゼットをご活用頂き、「その効果」を実感して頂きたい、強くお薦め致します。