「脱プラ型」シューゼット

10月12日(金)、「脱プラ」をテーマにした開発品、その「試作第1号」が届きました。

手前味噌ですが、私共の環境事業部では、長年、「環境装置」の製作を手掛けております。

例えば「三宅島」、三宅高校や三宅郵便局などに設置された「脱硫装置」は、弊社の製作。

そこで次期開発品には、「地球環境」を視点に据え、「脱プラ」をキーワードにしました。

即ち「プラスチックゴミによる海洋汚染問題」、この難問に、真正面から取り組みました。

そしてトライしているのが、「クラフト製スーパーブーツ」、紙素材のシューゼットです。

川口市の「製紙工場」と連携して開発、弊社の「スーパーブーツの筒部分」が紙素材です。

クラフト素材の「良さ」を最大限に活用しつつ、「ブーツ収納」をさらに進化させました。

勿論、まだこれは「試作第1号」、これからが本番です、進捗状況は随時ご報告します(笑)